自動車保険の役立つ基本情報

自賠責保険は強制的に加入する必要がある

自動車を運転しているときにはルールを守る必要があり、ルールに違反すると罰則を受ける可能性があるので注意が必要です。安全運転をしていれば罰則を受けないで済むと思うかもしれませんがそうとは限りません。…

任意保険は加入は自由だけど入っておいた方が良い理由

任意保険は、必ずしも入らなければ運転できないというものではありません。自分は事故を起こさないから大丈夫、と思う方もいるでしょう。しかし、運転していると何が起こるか分からないものです。いざという時に…

自動車の任意保険の特約は必要?

自動車保険にはさまざまな特約があります。どれも加入することによって通常の保険では補えないような保証を得ることが出来るため、例えば対面型の自動車保険であれば担当者の言われるままにとりあえず加入してお…

自動車保険の特約を効率的に活用しよう!

自動車保険は、運転者を限定するだけでなく、ドライブレコーダーを設置したり年間走行距離数をおさえたりすることによって、様々な特約を附帯できるため保険料を減らすことができます。

自動車保険の種類

自動車保険は保険会社の代理店で直接契約する代理店型と、インターネットから申し込み可能な通販型の自動車保険があります。それぞれの種類の違いが何か、いまいち分からないという方のために、代理店型と通販型の自動車保険のそれぞれの特徴を詳しく説明していきます。

代理店型の自動車保険の特徴を分かりやすく解説!

通販型の自動車保険の特徴はここを見ればわかる!

自動車保険を選ぶコツを学ぼう!

自動車保険の種類について

自動車保険は、事故を起こした際に相手に与えた損害を賠償することが主な目的です。そのため、車の所有者は自賠責保険に加入しなければなりません。自賠責保険に加入すれば、対人賠償について一定額まで補填してもらえます。しかし、交通事故では重大な損害が生じることが多く、個人の資力では賠償できない高額な賠償金を支払ってくれるところに意味があるのです。したがって、対人・対物の損害賠償の上限を無制限とする任意保険に加入することが賢明だと言えるでしょう。 任意保険には、車両保険や搭乗者傷害保険など様々な種類のものがあります。また、事故の際のレッカー代や移動代替手段の費用をカバーする特約も付けられます。さらに、自転車事故など車外で起きる日常事故についても賠償してくれる特約もあります。

自動車保険を選ぶ際に必要なコツ

このように進化した自動車保険を選ぶ際には、加入者が最も重視する賠償内容が含まれるよう注意しなければなりません。対人・対物の賠償を無制限で付けるだけでなく、新車なら車両保険に加入して全損事故でも同等の車を買えるように備えると良いでしょう。無保険車との事故に遭うリスクを考えて、同乗者を乗せる機会の多い運転者は搭乗者傷害保険に加入することをおすすめします。また、車の使用頻度が低くても、日常事故賠償特約を附帯して車外の日常事故に備えることができます。 そして、事故の賠償に関する交渉については、過失の無い被害者は保険会社に交渉を依頼することができません。安全運転を心がけている運転者は、過失が無くても事故に巻き込まれることもあります。こうした運転者は、弁護士費用特約を附帯して、厄介な交渉の代理を弁護士に依頼する際に発生する高額の報酬をカバーすることも重要と言えるでしょう。